twitterにこのエントリを登録



Loading the player...

# Use Youtube player (with Youtube AD) #<<<>>> # Use our player (Downlaod & No Youtube AD) click hrer if failed to load #

INFO:
1987年から高温超伝導の研究をしています。1994年、1995年に日本物理学会の大会で一人で発表しました。すると、1995年12月下旬から、暴力団や裏組織に非常に強い放射線で狙われる様になりました。毎日、私に多量の放射線を浴びせて、私を病死に見せ掛けて殺し、私の研究を盗もうとしています。以下に発表した研究の一部のタイトルを示します。 (1)中西:イオン半径の動的変化による振動を用いた超伝導モデル、日本物理学会講演概要集 第49回年回 第3分冊 28p-PSA-9  p.329, 1994年3月  (2)中西:高温超伝導体のTcとデバイ温度の関係(Ⅱ)、日本物理学会講演概要集 第50回年回 第3分冊 28p-PSA-38  p.374, 1995年3月 (3)中西:高温超伝導体のTcとデバイ温度の関係(Ⅲ)、日本物理学会講演概要集 第56巻第1号(第56回年次大会)第3分冊 28pPSB-1 p.533, 2001年3月 岡山姫路間の新幹線の中で日立アロカメディカル製のPDR-101を用いて飛んで来るガンマ線を測定しているビデオ映像です。正常値(自然界の放射線の平均値、バックグラウンドと言う)は、0.058μSv/hです。測定可能範囲は、0.000~19.99μSv/hで、それを超えると液晶の左上に三角マークが表示されます。測定器の音は、ガンマ線を計測した音(計数音)で、ガンマ線を一つ計測すると、短く一回
放射線犯罪 5-5 ガンマ線 新幹線